携帯料金滞納とブラックリスト

携帯料金滞納でブラックリスト入り?|携帯料金滞納STOP

携帯料金滞納でブラックリスト入り?

最近、携帯電話料金を滞納してブラックリストに載ってしまったという若者が増えています。
ブラックリストというと、キャッシングの支払が遅れたときに載るものと世間では思われていますが、なぜ携帯電話料金の滞納でブラックリストに載ってしまうのでしょうか。

 

それは携帯電話本体の買い替えが原因と言われています。
携帯電話は会社や機種によって金額にかなりの差がありますが、最新機種だと5万円以上する携帯もあります。
せっかく買うのだから最新機種の携帯にしようと思うものの、5万円以上もの金額を一括で支払うことはなかなか大変なことです。
そういった場合は分割で支払っても良いとされています。
携帯電話会社のほとんどは、この分割分を通話料金に上乗せして請求するという方法をとっているのですが、ここで重要なのが携帯本体料金の分割はローン扱いになるという点です。
毎月請求される通話料金と一緒に支払をしているため、ローンを払っているという感覚がないまま毎月支払っている方がほとんどだと思います。
ですから、何かの原因で携帯電話料金の支払ができなくなったとき、「まあ電話が止められるくらいだろう」という甘い考えで支払の延滞を続けていたら、いつのまにかブラックリストに載っていたということになってしまうのです。

 

ですから携帯本体を買い換えるときに分割で支払う方法を選択したのならば、ローンを組んだという自覚を持たなくてはいけません。
そして裏を返せば、携帯本体を購入するときに分割して支払える人かどうかというローンの審査も行われているのです。
信用情報機関へ情報を照会して、きちんと携帯本体料金を分割で支払してくれるかというのを確認してから契約をしています。
なので、以前どこかのキャッシング業者で支払の延滞があったためにブラックリストに載ってしまったという人は携帯本体料金の分割支払は認められない可能性が高いのです。
このように、携帯本体を買い換える際には十分注意をして契約することが必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ